SHR脱毛って何?新しい脱毛手法を解説!毛周期を気にせず脱毛&痛みが無く広域を施術できる

SHR脱毛って何?新しい脱毛手法を解説!

脱毛に関わる産業が発達することで近年では様々な脱毛方法が考案されるようになりました。
大別すると「光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛」に分けることができるのですが、さらにそこから細分化することもできます。
今回のSHR脱毛は光脱毛に含まれる方法です。

SHR脱毛以前の従来の光脱毛の手法

光脱毛の手法としては以下の2種類がこれまでの主流でした。

IPL(インテンス・パルス・ライト)

SHR脱毛でのIPL脱毛解説

最も標準的な光脱毛の手法です。
毛のメラニン色素に弱いレーザー光を当て熱を溜め、毛の根元を破壊するという流れになります。
広域を一気に処理することができるのですが、出力は弱めなので劇的な脱毛効果を望めるわけではありません。
複数回の施術を経て次第に効果を実感していくことになります。

なおIPLは元々美肌効果を目的として使用されてきた歴史をもちます。
肌を引き締めたりニキビの痕を目立たなくするといった目的のために使われてきたのです。
脱毛だけでなく肌をきれいにしたいときにはぴったりの脱毛方法といえるでしょう。

SSC(スムース・スキン・コントロール)

SHR脱毛でのSSC脱毛

これはIPLを発展させた手法となります。
IPLでは出力が弱いもののレーザーを照射するため僅かな痛みを感じることになるのですが、SSCではその心配はありません。

SSCはまず肌に専用のジェルを塗布し、これを毛穴に浸透させることから始まります。
このジェルには光に反応するジェルビーンズという粒子が入っていて、ここに光を照射することで脱毛処理を行っていくことになる形です。
直接毛のメラニン色素に熱を溜めるわけではないので痛みが少なく安全に処理を進めることができます。

IPLで感じる痛みが強い場合、SSCを試してみると良いでしょう。
またSSCで使われるジェルにも美肌効果が期待できます。

これらの方法はどちらも毛の根元を破壊することによって脱毛処理をしようと考えています。
ですが新しい手法であるSHR脱毛の仕組みは全く異なる形となりました。

SHR(スーパー・ヘアー・リムーバル)の仕組み

毛は下から毛乳頭・毛母細胞・毛幹という形で構成されています。
そしてどのように生えるのかというと「毛乳頭から育毛指令が出て毛母細胞が分裂し、毛幹となる」という流れを汲むわけです。
脱毛処理は通常、育毛の原因となる毛乳頭という細胞を破壊することによって達成されます。

ですが近年では毛乳頭のみが育毛の原因ではないということが分かるようになりました。
毛乳頭よりも表皮に近い場所に少し膨らんだ領域があるのですが、この領域も育毛に関わっているとのこと。
そしてこの領域のことをバルジ領域と呼び、その意味はそのまま「膨らんだ領域」となります。

SHR脱毛を解説

私達の毛には周期が存在し、退縮期に抜け落ち成長期に育っていきます。
そしてこの毛が生えていない退縮期の末期において、毛乳頭とバルジ領域が接近するときがあるのです。
マウスの実験結果によると、この両者が接近した際に毛乳頭がバルジ領域へ影響を及ぼし、有限増殖細胞というものを生産するようになり、毛は成長期へと突入します。
いわば、毛乳頭とバルジ領域は相互作用しながら毛を育成しているわけです。

そしてSHR脱毛ではこのバルジ領域の破壊を目的としています。
仕組み上、バルジ領域さえ消えてしまえば毛の育毛サイクルは正常に働かなくなるはずです。
さらにバルジ領域は毛乳頭より皮膚に近いため処置がしやすいというメリットもあります。

出力が弱いことのメリット

これまでの脱毛手法の考え方は「毛のメラニン色素に高温の熱をため、その熱によって毛根(毛乳頭)を破壊する」というものでした。
そのため毛が生えている毛穴にしか作用することができず、毛周期に基づいて脱毛を進めていかなければなりません。
ですがSHRがターゲットとしているバルジ領域を攻撃するには高温は必要ではないため、弱い熱をためればよいだけなので毛周期を気にせず処理をしていくことができます。

またこの弱い熱をためるだけで処理ができるということは痛みの軽減にも繋がっています。
光脱毛はレーザー脱毛よりも痛みが少ないといわれますが、それでも痛い場合はSHRを試してみると良いでしょう。
快適に脱毛処理を進めていくことができるはずです。

SHR脱毛は効果が現れる時期は遅め

SHR脱毛は効果が表れるのは遅め

バルジ領域は毛の育成に関わる原因の1つであり、これを破壊してもまだ毛乳頭は残っています。
そのため処理をしてもしばらくは育毛が止まることはないでしょう。
効果が期待できるのは処理した毛が次のサイクルを迎えるときです。

直ぐに効果を目にしたい、という方は他の処理を検討した方がよいでしょう。
SHRはじっくりと痛くない脱毛をしてみたいという方にオススメの手法なのです。

痛みがなく広域を素早く処置できる

SHRは出力が弱いレーザーを使うため痛みが少なく、また毛周期を気にしなくて良いので一度にたくさんの毛を処理することができます。
これまでの光脱毛のデメリットを改善した形ではありますが、効果が出るのは遅めです。
メリットやデメリットを踏まえた上でSHRで脱毛していくかどうか検討してみましょう。