医療レーザー脱毛と光脱毛の違い!それぞれのメリット・デメリット

医療レーザー脱毛と光脱毛の違いや脱毛の効果について

脱毛には大まかに2種類のものがあります。
医療機関で行われている医療レーザー脱毛と、脱毛サロンの光脱毛ですね。
2つの違いはいったい何なのか気になりますよね。

共通しているのは毛根にダメージを与えるという事

2つに共通しているのは特殊な光を当てると毛のメラニンに吸収されて、ムダ毛を作る大元にダメージを与えられるということです。
肌には反応せずムダ毛の毛根にのみアプローチするので、安全にムダ毛をなくしていけます。

レーザー脱毛が行えるのは医療機関のみ

医療レーザー脱毛は医療機関でのみ行われていて、当てる光の種類がレーザーなんですね。
ピンポイントで強烈なパワーのレーザーを当てられて、ムダ毛を作っている細胞なども破壊してくれます。

強烈なレーザーのパワーというのと細胞などを破壊するというのが医療行為に当たるので、美容クリニックなどの医療機関でしか受けられません。

医療機関じゃなくてもできる光脱毛

脱毛サロンの光脱毛は柔らかく広がる光を当てて、毛根にダメージを与える施術です。

レーザーみたいにピンポイントで光が作用しませんし、毛根を破壊するほどのパワーは持っていないんです。
痛みが少ないというのがメリットなのですが、逆を言えば威力が低くて医療機関じゃなくても施術できる脱毛方式なんです。

気になるのが脱毛効果

気になる脱毛について比べてみる
当然、パワーの高い医療レーザー脱毛の方が脱毛効果が高くて永久脱毛効果があります。

レーザーの照射パワーは光脱毛の3倍から5倍くらいなので、1回の脱毛効果が高くて通う期間が短くて済むんですね。

一方、光脱毛はパワーが弱くてムダ毛を生成している細胞を破壊できませんから永久脱毛じゃないんです。

減毛や抑毛という部類で、いったんつるつるになって脱毛を終えても毛が復活する可能性があります。

医療レーザー脱毛は通う回数も少なくなり、個人差がありますが、早い人だと1年、回数にして6回ほどで長くても2年の12回で脱毛が完了します。

医療脱毛は医療機関で施術してくれるので、医師や看護師さんがちゃんといて何かあった時にはすぐに対処してくれます。

的確な処置が受けられるという安心感もありますし、痛い時には麻酔だって使ってもらえます。

特に剛毛で毛深い人ほど医療脱毛の方がおすすめで、すっきりと短期間で長年のムダ毛の悩みとさよならできます。

関連記事

背中は自己処理せず脱毛しよう

背中の自己処理がダメな2つの理由

脱毛の施術の前に自己処理は必要

知ってた!?脱毛前の自己処理について

敏感肌の人が脱毛するにはどうすれば良い?

脱毛したほうがいい?敏感肌の人がムダ毛を処理する時のおすすめの方法